My favorite corner

minimay.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 07日

郷愁

先日お話した取り壊される建物・・・
一部、部屋内にも入る許可を貰って撮影してきました。

建築科の大学生たちが調査のメインになり
資料として残すために頑張っていました。
d0052327_6534377.jpg

全部は紹介しきれないので何枚かだけアップします。
d0052327_6545367.jpg

中には想い出の言葉を壁に書き残してる
感動の部屋がありました。
d0052327_6574826.jpg

「想い」のプライバシーを自分なりに考えてココには載せませんが
内容的には50年近く過ごしてきた建物に宛てた手紙のようなもの
d0052327_70315.jpg

『共同洗濯場とかで皆で遊んだ想い出が懐かしい』
d0052327_729148.jpg

『子供の頃は廊下や階段を走り回っていっぱい怒られたものだ』
d0052327_7151770.jpg

『市場が近かったので生活の音がとても賑やかで楽しかった』
d0052327_7191732.jpg

『たくさんの想い出をありがとう』
d0052327_724823.jpg


そして、最後は両親に宛てて
『自分たちは頑張ったが時代の流れに勝てなかった。分かって下さい。』
と謝って結んでいました。

住む人の想いといつも違うところで事が進められる。
当の本人の声が届かない残念な気持ちが伝わってきます。
このような気持ち、取り壊す事を決めるお偉いさんは判ってるのでしょうか。
d0052327_7404388.jpg

[PR]

by mini-may | 2008-06-07 07:45 | 見聞録 | Comments(4)
Commented by リッカ at 2008-06-08 09:29 x
ここ、あそこですよね、、、
海の近くの…多分… 前から気になっていた建物で、
住んでみたいとも思っていました。
やっぱり建物内はこんなに素敵だったのですね、

住んでいた方の”想い”を読んで、涙が出ました。。。
一緒に時を過ごしてくれた建物に対しての気持ち、
計り知れないものがあるでしょうね。

でも、そんなふうに想われて、今まで長年住人を見つめてきた、
この建物も、きっと思い残すことはないと思います。

この建物に、おつかれさま。と言ってあげたいですね。。。


Commented by mini-may at 2008-06-08 11:12
そうですね。
今は素直にそう言わなくてはいけないと思っています。
みんなに慕われてこの建物も嬉しかったでしょうね。
Commented by p-kayotin at 2008-06-09 08:07
まだそんなにレトロでもないですが、建物の世界も急速に時代と言うものがあるんでしょうね。
学生さんの様々な思いが詰まった建物、、きっとそれぞれがここで青春したんですね。
生まれ変わって、さらなる思い出を残して欲しいですね。
Commented by mini-may at 2008-06-09 08:51
んー実際は市営のため他に色々な大人の事情があるようです・・・。

学生さんたちは直接ココに関係は無くて
建築士会の会員である准教授が資料として使うために
生徒さんと一緒に調査したんです。
でも、色んな方がココで青春や人生を送ってきた事に違いありません。
資料として残す事しか出来ませんが
思い出作りのお手伝いの一つになれたのではないかと思います☆


<< 栄光と影      梅雨の合間の清涼感 >>