2012年 04月 12日

少しずつ見えてきたE-M5

なかなか触る時間が無い中、少しずつ見えてきたE-M5。

先日のエントリーで「私はビデオカメラを買ったつもりはないゾ~。」と
書きましたが、梱包されていた箱には『MOVIE KIT』の文字が・・・。(苦笑)

やはり、このキットレンズ12-50はムービー使いを想定しており
カメラとしては広角側と望遠側の両端とマクロ機能の3点に絞り込んでると
最初から割り切って考えた方が良さそうです。

よっぽど動画機能充実の要望が多いのでしょうね。

またマクロ機能については、花よりも分かり易いと思うのでこんな物をアップ。

d0052327_9443352.jpg



あと、普通に自然界の物。

d0052327_9524285.jpg


画質は良くなっているのでしょうが色の雰囲気が変わったように思います。
オリンパスブルーと言うよりK-5(PENTAX)に近くなったような・・・・・。

まぁ、これについてはまだまだ設定を追い込んで見ます。

EVFについても、今までのOVFの使い方と全く違うので戸惑っているところです。
プレビューの仕方やスーパーコンパネ表示との兼ね合いなど
まずは使い方も含め、撮影方法のコツを掴まなければなりません。

あと、便利かもしれないと思うのはデジタルテレコン。








テレコンってアダプター装着で焦点距離を変えるものと思っていたのですが
この機能は所謂、中心部の「切り出し」であって焦点距離は変わらないはず。
なぜかと言ったら、焦点距離で言う画角が変われば
本来、背景のボケも変わるはずだからです。

まぁ実際、詳しくは良く分からないんですけどね。(苦笑)
ただ、フォーサーズがこの表現を間違っちゃいけないと思うんですけど
技術側と営業側の疎通が図られてないのか、私が勘違いしてるのか。。。

ちなみに、普通のマクロ。

d0052327_10213858.jpg


2倍切り出し(オリンパスの言うデジタルテレコン)。

d0052327_10222321.jpg


ん?手撮りで三脚立ててないからボケ量変わってる?(笑) ←※ピントがずれてますね:笑
まぁ難しい事は置いておいて
簡易望遠くらいに思っていれば便利な機能と言うカンジです。

ちなみにAFポイント。
これ、ピントを面で捉えるので狙った所に合わせるのはコツが要ります。
MF併用が良いのでしょうけど・・・せっかくのオートフォーカスなのに。。。(汗)

と言う事で、さて。
マウント体制の方向性、どうするかボチボチ考えて行きましょうかね。。。
[PR]

by mini-may | 2012-04-12 09:29 | 趣味 | Comments(0)


<< ど~ん!って、鹿児島な風景      OM-D 導入 >>