2012年 02月 12日

毒を喰らわば

今回もガッツリ趣味の話です。。。

d0052327_1820134.jpg


出ました。
OMのデジタル版、OM-Dシリーズ
「E-M5」。。。

以前、私が個人的に危惧していたストロボはスライド形式でなく
ホットシューに装着するタイプで同梱されるそうです。

良いデスネ~。

バウンスの出来ない簡易的なストロボって
私は個人的に不要と思っているので
外付けにしてバウンス可能にした事は英断だと思います。
私がスライドするのかと思ったカタチは「アクセサリーポート」と言う
インターフェースを接続する部分だったようです。










判断の焦点となるフォーサーズとマイクロのブリッジ役に成り得るかと言うと
はっきり言って松・竹クラスのレンズをお持ちの方には役不足でしょうね。
ただ、マイクロにも対応出来るか不明ですが梅レンズで
ハイスピードイメージャ仕様のレンズを持っている身としては
非常に興味の有るカメラだと思います。

肝心のAF精度は位相差式に対してコントラスト式が
果たしてどこまで狙った所の捉え方を近付ける事が出来るのか。。。
これは使ってみないと分からないところです。

あと、デザインに関しては流石オリンパス
微妙ですがバランスよくまとめてきたカンジ。(笑)

補正出来るのか微妙ですがEVFにも視度補正は付いているようですし
今までよりも高感度には強くなっている模様・・・・・。

画質に関しては正直、参考になる写真が少なくて判断が難しいです。
マイクロフォーサーズの写真はアートフィルターを掛ける人が多くて
コンデジ感覚と揶揄される路線が多いのが現状です。
なので、画質は個人的な判断に任されると思います。

いずれにせよOMの名をかたる以上
「宇宙からバクテリアまで」と言う『システム』を考慮したものでないと・・・・・。

出来る事ならEシステムはOVFでプロ機を極めてもらい
マイクロはEVFでOM-Dを筆頭に多種に渡ってバリエーションを繰り広げる。。。

毒を承知で口にした以上
皿の出来が気になる・・・・・そんなカンジです。
[PR]

by mini-may | 2012-02-12 00:30 | 趣味 | Comments(0)


<< 時代(とき)の窓      えぇ~っ!!! >>