2011年 03月 16日

僕なりの判断

色んなデマやチェーンメール、募金を装った悪質なフィッシングサイトetc・・・。
想いはわかるけど今私たちは冷静に状況を見極めるときだと思っています。

大事なものは何かを被災者の方たちを主体に考える。

情報が欲しいと言っている被災者達を無視して
政府の対応不足や原子力の安全性を放映するテレビ・・・。

今は連絡を取りたがっている被災者に自分の安全と連絡先を知らせる
ビデオレターのようなコーナーを増やすべきなのでは?
しかも、執拗に繰り返すCMはこの非常事態に不要に思います。

また私は個人的に、押し付けることをボランティアとは思っていません。
一方的に被災地へ物資を送りつけても現地の司令塔が整っていなければ
運送エネルギーであるガソリンや人手を無駄に使うだけ。

まずは必要なものをまとめて必要な所に届けることが重要に思います。

そういった意味では鹿児島県の方法に同意しますので
鹿児島県のHPを参照してください。
まずはデータにてこちらが整理をしてから、それらを被災地へ届ける。
時間にタイムラグは生まれるかもしれませんが、今はこの方法が最善と私は判断します。

また、被災者への義援金にするからと物販を買わせる方法に私は同意出来ません。
その製作に掛かる物資や生産エネルギーを被災地へ回すべきと考えます。

商品購入や知名度を上げる方法は義援金と切り離すべきです。
義援金は指定自治体に現金として振り込む
もしくは募金箱に直接入れるのが本当の募金であると思います。

今、この起こった事に対して迅速に冷静に対応出来るのは私達なのです。
情報や感情に振り回されることなく自分に出来る最善の方法を考えましょう。
[PR]

by mini-may | 2011-03-16 19:05 | コラム | Comments(0)


<< じっと春を待つ      東北地方太平洋沖地震 >>