2010年 05月 19日

今更のOM-1

いやぁー、この二日間
マジに風邪でぶっ倒れてました。。。

全く回復の兆しが見れずに悪くなるばかりで
発熱・頭痛・悪寒・せき・くしゃみ・喉の痛み・・・・・フルセットで来たので
さすがに病院で診てもらい、やっと起きれるようになりました。

体力が落ちてるなぁ~(汗)



さて、前回の話が途中までだったので続きを少々。。。
d0052327_17382836.jpg


ちなみに、オリンパスという会社、創設者が鹿児島出身で
創設時の社名が「株式会社 高千穂製作所」だったと言う
親近感が湧く歴史を持っておりまして
(ちなみにリコーの会長も鹿児島出身だそうです)
アダプターを介してフォーサーズにレンズを装着可能な事も購入の決め手の一つです。

d0052327_22195531.jpg



あ、デザインに惚れたのもありますが・・・・・(笑)









今回なぜ私がOM-1を購入したのかと言うと
単純に言えば手持ちのα5700iが壊れていてオートでしか使えなかった為。

フィルムカメラはα5700iしか持っていなかったのですが
被写界深度の深いフォーサーズに対して対極にあるフィルムカメラで
「絞り」を調整出来ないのはさすがに不満があったのです。
(フルサイズのカメラなんて買えないし・・・:笑)

d0052327_2352530.jpg


修理ルートが困難で修理代金も高くつく事に加え
レンズ資産の手持ちがないαシリーズに執着しなくて良かったのも理由の一つです。

フォーサーズで明るい単焦点を買うよりも断然こちらの方が安いですし
「フルサイズ=フィルム」はスタイル的にコレ一つで足りるかな・・・と。
(いざとなればアダプターで今後もレンズは使えるし・・・)

d0052327_2235574.jpg

今の時点でフォーサーズはシステムとしては私に都合が良く
広角から望遠までローコストで、ある程度カバーしてくれているのですが
唯一、『ボケ』に対して不得手なのは事実でした。

比較的、記録写真が多い私にとっては
その被写界深度の深さもメリットの一つだったのですが
写真が趣味になりだしてから標準角でのボケ量が欲しい時も出てきたのです。

そんな事もあり、末永く使えるコイツの購入に至ったのでした。。。
[PR]

by mini-may | 2010-05-19 23:10 | モノ&車&バイク | Comments(2)
Commented by aiarchi555 at 2010-05-20 09:46
体調お悪かったようで・・・・、大変でしたね。
私もこの春、珍しく寝込みましたが、やっぱ、歳ですかね??
お大事に・・・・。

さてさて、カメラのご講義、納得です。
そうか、私もアダプタつければいいのか・・・・と、
思った次第です。
Commented by mini-may at 2010-05-20 16:40
はい~大変でした。
ここ最近の中でもノロウィルスにかかった時ぐらい大変でした。
歳というか・・・体力が落ちてますね。。。

さて、アダプタについてですが
この標準レンズ1個のためにアダプターって考えると
アダプターの方が高いので悩みどころですよね。
フォーサーズで普通に考えれば画角が一緒の5020が
マクロにも使えて便利で画質も良いと思います。
ただ、私には換算で50mmの明るいレンズが欲しかったので
2528でなく飛び越えて原点に帰ったと言う感じです☆


<< わるいひとたち      導入 >>