2009年 12月 13日

私の「ぜんまい侍」

先日お話した時計の話の続き。。。

私の場合、5年程前にこれを購入してから時計への拘りは完結されました。
「ブランド」としてでなく「ムーブメント(機械)」を売りにしていた時計で
その男気なポリシーに惚れたのですが、価格は当時で今の半分くらいでした。
今は路線変更で高級志向になってしまいましたが。。。

元々、モノ持ちは良い方なので
オーバーホールすることで半永久的に使えるわけですから
時計に関してこれ以上の数は必要なしと判断したのです。
d0052327_1845439.jpg


デイリーユースの時計は別のタフな方を使用していますが
その場に合った時計を使うのも楽しみの一つではあります。
[PR]

by mini-may | 2009-12-13 18:11 | モノ&車&バイク | Comments(4)
Commented by petite-tomo at 2009-12-13 21:14 x
機械式の時計、憧れます。
モノとしてすごい魅力的ですよね。
写真もカッコイイ。
Commented by mini-may at 2009-12-13 22:10
一時期は時計を見れば中のムーブメント型番まで言えたのですが
今ではさっぱりです。。。(苦笑)
写真・・・・・もっと綺麗に拭いておけば良かったと後から反省。。。(涙)
Commented by Gonz@les at 2009-12-14 23:54 x
このメーカーの100万を超えるモデルはほとんどがセレブ向け?に作られてるせいか、ダサい気がしますね。(^_^;)
でもクロノマスターXXTオープン?はシンプルなデザインで、僕にとっていまだ憧れの存在です。
Commented by mini-may at 2009-12-15 09:48
確かに高額モデルはアクセサリー色が強くて
時計としての機能とは逆のコンセプトになりがちですね。
結局は自分が好きなのが一番と言う事でしょう・・・☆


<< 今年のイルミネーション      暗雲立ち込めるではないけれど・・・ >>