2009年 10月 25日

老兵

朽ちていく事さえ全う出来ずに消されてしまう運命。。。
d0052327_010992.jpg




近いうちに撤去されるそうです。
d0052327_011136.jpg




生物ではないが故に放つ、鉄の塊から感じる命と言うのでしょうか。。。
d0052327_0124315.jpg




風化しながらも「存在感」を感じる事が出来ました。
d0052327_0142882.jpg



第2弾に続きます。
d0052327_0174439.jpg

[PR]

by mini-may | 2009-10-25 00:18 | 見聞録 | Comments(8)
Commented by petite-tomo at 2009-10-25 08:13
こ・・・これはすごい
Commented by mini-may at 2009-10-25 08:31
私の写真で伝わっているでしょうか・・・?(汗)
生で見ると『情緒』さえ感じましたョ。
コレ、撤去作業のために藪を払って撮影しやすくなったと言う
悲しい背景があるんです。。。
Commented by ガンマ at 2009-10-27 08:43 x
あらっ! 驚きです
雑草が見事に刈られてますネー


Commented by mini-may at 2009-10-27 10:47
そうなんです。
皮肉な事に、SLを撤去するために雑草が取り払われたようです。
タイムリミットが近付いているのを感じます。。。
Commented by originalvision at 2009-10-27 18:58 x
ぐわ!

なんとも勿体ないザンス!

たまたま9月にシカゴに在住の友人が鹿児島に行ったので、
その際に撮った鹿児島本線や肥薩線の写真を見せてもらって
「おを!かっこエエ!」ってなってたトコなんだよね。

「はやとの風」とか、「しんぺい号」とか、
大隅横川駅の駅舎とか・・。

「海外からわざわざ見に来る"鉄"も居るんだから」と説明して
このままの姿でもいいからなんとか残せないモンかな。。

このSLをここに設置した人達の想いはどうなるの?ってカンジ。
なにより、大して「保存措置」すらしてもいない先人の遺産を
わざわざ「取り壊す」ことまでしなくてもいいと思うんだけど・・。

このまま朽ち果てるんでもイイから、
なんとか残しておいてあげたいッス。。
Commented by mini-may at 2009-10-27 22:47
先日は本当に有難う♪
とっても楽しかったです☆
今度はゆっくり滞在したいものです。。。

で、これ。
実は元々ここにユースホステルがあって
そこの施設として設置されたらしいのですが
潰れてしまってからは立ち入る事が出来ないほど
草ぼうぼうに放置されていたらしいです。

価値がわからないって、ある意味「罪」なことですよね。

しかし・・・・・本当に鹿児島は
歴史的なものに興味を待たない体質なんですなぁ。。。(悲)
Commented by ガンマ at 2009-10-28 20:51 x
ぞーだったんです 草ボウボウで やっとかき分けて突き進むと
突然SLが姿を表し、初めて遭遇した時は威圧感さえ感じてしまう迫力でした
Commented by mini-may at 2009-10-28 22:15
そうですね!
今でも充分に迫力を感じます☆
でも、不届き者がイタズラしなきゃ良いのですが。。。


<< 消え去る運命      光のダンス >>